フィギュアをいつまでも綺麗に!考えておきたい保管方法


劣化を防ぐための保管方法

コレクションアイテムとしても人気が高いフィギュアですが、保管方法に問題があれば色あせやベタつきなどが起きることになります。こうした劣化を防ぎ、少しでも良い状態でフィギュアを保管したいのであれば、高温多湿の場所を避けておくことが大切です。棚などに飾る場合は、時間帯によって直射日光が当たることがないかを確認した上で置き場所を決めると良いでしょう。

飾る時は箱から出すことがおすすめ

フィギュアを綺麗な状態のまま保管するためには、箱から出さずに飾るほうが良いのではないかと考える人もいます。箱に入れたまま飾れば、フィギュア本体に埃がつくこともなければ付属品を失うこともありません。しかし、未開封のまま保管をしていると素材の成分が箱の中に充満し、表面がベタつく原因となってしまうことがあります。買取を視野に入れている場合は、未開封の方が価値が高くなる可能性がありますが、コレクションアイテムとして飾るのであれば購入後は一度箱から出して風に当てておくことがおすすめです。

増えすぎたフィギュアを保管する時は

増えすぎたフィギュアを、ダンボール箱に入れクローゼットなどに保管しているという人もいるでしょう。クローゼットに入れておけば、直射日光によって劣化が起きる心配はありませんが湿気がこもる可能性があります。除湿剤を入れておくという方法もありますが、少しでも良い状態でフィギュアを保管したいのであれば、月に1回程度はフィギュアをダンボール箱から取り出し、風に当てておくことが有効です。この一手間を心がけるだけでも、劣化を緩やかにしていくことができます。

現在、様々な中古品販売・買取業者でフィギュアの買取を行っています。その時の在庫数やキャンペーンなどにより買取価格が変動します。色々情報を仕入れて、より高く買い取ってくれるところを選ぶことが大事です。